京都市中京区/阪急四条大宮 整体・鍼灸・マッサージ 肩こり/腰痛/生理痛/めまい/自律神経失調

OQブログ

営業時間

深夜の治療室

OQピックアップ
女性施術制度あり:OQはセクハラ問題に真摯に向き合います!
小さなお子様の同伴も安心の制度
カレンダー(診療日程)

趣味のコンテンツ
KYOTO GENKI PRESS
本棚

胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)

 

概要


胸頸部周囲の筋や骨・関節による神経・血管への絞扼性神経障害の総称です。
斜角筋症候群、小胸筋症候群、肋鎖(ろくさ)症候群、頸肋(けいろく)症候群もこの胸郭出口症候群に属します。
首が長く、なで肩といった形態的な特徴を持つ若年女性(20歳台がピーク)に多く見られ、男性の2~3倍も多いと言われています。
職業的にはパソコン作業や調理などの手先を酷使する方に多く見受けられます。

 

 
斜角筋症候群

斜角筋症候群

頸椎と肋骨に付着する前斜角筋と中斜角筋の間を通過する腕神経叢に圧迫をかけることにより起こります。

 

小胸筋症候群

小胸筋症候群

大胸筋の下に存在する小胸筋という筋肉によって、神経・血管を障害することによって起こります。

 

肋鎖症候群

 

鎖骨と第一肋骨の間で神経・血管が障害されることによって起こります。

 

 
頸肋症候群


頸椎から異常な繊維性突起物である頸肋によって、神経・血管が障害されることによって起こります。
頸肋は機質的要因のため、一般的には徒手療法では改善されないと考えられています。

 

症状


上肢(肩~指先)にかけて、痛みやしびれ、気にさらされたときに指先が白くなる現象(レイノー症候群)、脱力感といった様々な感覚異常が現れます。
特定の方向に首や胸部を動かすと症状がより顕著になることがあります。

 

整形外科学的検査


モーレイ(Morley)テスト
鎖骨の上部から腕神経叢に指で圧迫を加えて、圧痛と放散痛の有無を確認します。

アドソン(Adson)テスト
患側の前斜角筋が緊張する角度に頸部を傾け、鎖骨下動脈の圧迫による動脈拍動の低下を橈骨動脈で確認します。

ライト(Wright)テスト
座位にて両肩関節を90度に開き、肋鎖関節での圧迫の有無を橈骨動脈で確認します。

エデン(Eden)テスト
胸を張り、両方を後に垂らした状態で肋鎖関節部での圧迫の有無を確認します。

 

胸郭出口症候群に対してのオステオパシー的考察


上記の構造による機械的な刺激が発症原因ですが、「斜角筋が緊張するから斜角筋を緩める」ことを行うだけではなく、オステオパシーでは「何故斜角筋が緊張しなければならないのか?」と考察し、その原因そのものに対してアプローチを行います。
例えば、右の骨盤部が前下方向に変位することにより、腰椎と胸椎側彎が生じ、そのバランスを取るために頭部がどちらかに傾き、頭部が傾いた反対側の斜角筋が伸張されたために、斜角筋症候群が生じる。
と言うような身体の連動性を考え、まず全身を調整します。

その結果「斜角筋が緊張する理由がなくなる」ことになるのです。

また、機械的な圧迫原因だけでなく、上肢帯の自律神経系による血管支配領域も考慮に入れ、アプローチいたします。

オステオパシーによる胸郭出口症候群の症例報告


27歳 女性 事務職

症状

来室の一年ほど前から左上肢へのしびれと冷えを感じる。
3ヶ月ほど前から左の肩関節・上腕三頭筋が痛みだし、時に「肩から腕が抜け落ちるほど、だるく、なんとも言えない痛みが全体に走る」ようになり、ご友人のご紹介で当治療室に来室される。

週2〜3回のテニスを趣味にされていたが、痛みのためできなくなり、非常に辛いとのこと。

 

所見

ご自身で頸部を伸展し、左に傾けると「左上肢が抜けるように痛くなる」とのこと。

立位での胸椎4〜7番を中心とした動きの減退が確認でき、触診によっても強い圧縮感を確認できた。

頸椎部は胸椎の可動性減退のためか、代償的な不安定性が見られ、斜角筋にも圧痛点を発見した。

 

治療

胸椎部の圧縮を取ることをメインに、クラシカルオステオパシーと直接的な関節の減圧テクニックを用いた。

1回目の治療ではそれほど緩解が見られなかったため、治療間隔を詰め2週間で3度の治療を行う。

3度目の治療から上肢への冷感覚と痛みの減退が見受けられ、「抜け落ちるほどの強い痛み」は表れなくなった。

週に1回の治療に切り替え、クラシカルオステオパシーに加え、身体呼吸療法による体内圧を用いた治療も加えることにより、6回目の治療でほぼ上肢への異常感覚は表れなくなった。

その後、テニスを再会したが、三角筋や二頭筋長頭に痛みが出るとのことで、上記治療に加え、スパズムを起こしている筋に対してのカウンターストレインテクニックを施した。

計10回の治療でテニスによる運動痛もほぼ消失し、日常生活、テニス共に支障はないとのことで、治療を終了した。

 

胸部の問題に戻る≫  他の患部・症状を探してみる≫